【薄毛対策】正しいシャンプーとリンスの方法

今回は、薄毛対策の為の正しいシャンプーとリンスの方法を解説していきます。

薄毛対策には正しいシャンプーとリンスの仕方を知ることが必要です。

シャンプーの方法

シャンプーで髪を洗うと、個人差はありますが、必ず髪の毛は抜けます。
だからと言って髪を洗う回数を減らすのは良くないので気をつけるようにしましょう。

頭皮環境を清潔にしておくことは髪の生育や発毛にも大切なので、
基本的には、1日に1回、必ず洗うようにした方がいいです。

ただ、正しい方法でシャンプーすることが大切です。

 

まず、使用するシャンプーは石油系の合成界面活性剤を含まないものをにして下さい。
石油系シャンプーは髪の毛や頭皮を傷つけるのであまりおすすめしません。

そして、シャンプーは髪に直接付けるのではなく、一旦ぬるま湯で薄めてから使用して下さい。

また、シャンプーをする前に頭に湯をかけて、髪の表面などについた汚れをさっと洗い流すようにして下さい。
それだけでもかなりの汚れが落ちるので、使用するシャンプーの量も少なくてすみます。

使用するお湯は、35度~40度くらいのぬるま湯にして下さい。

熱すぎても良くないですが、水だと頭皮などについた油汚れが流れにくくなります。
それに冷たいと頭皮の血行も良くならないので、手で触ってちょうどいいくらいの温度(35度~40度)がおすすめです。

 

それと、洗い方にも注意が必要です。
爪を立てないで、指の腹で優しくマッサージするように洗って下さい。

爪で頭皮を引っかいたり、強く揉みすぎると、頭皮を傷つけることにもなるので、発毛にも悪影響が出ます。

そして、洗い終わったら、必ずシャンプーが残らないようにぬるま湯で洗い流して下さい。

リンスの方法

現在は、シャンプーの後のリンスは習慣になっている人が多いですね。

リンスには油が多く含まれているので、頭に残ってしまうとフケなどの原因にもなります。
使用する際には正しい知識が必要です。

まず、リンスは頭皮に付けずに髪の毛に付けて下さい。
リンスの脂は頭皮に付くと取れにくいので注意が必要です。

そして、リンスをした後は必ずしっかりと洗い流して下さい。

ただ、昔はシャンプーの洗浄力が強くて髪の毛が傷んでしまうので、その傷んだ髪の毛のケアの為にリンスを使っていました。
最近はシャンプーも改善されていて、リンスでケアする必要がないものも多いです。

それに、普段から頭皮の皮脂が多い方もいます。
特に男性の頭皮は皮脂だらけです。

十分に洗い流せていなかったりすると、逆に薄毛の原因にもなってしまうので、リンスはしなくても大丈夫です。

もし、リンスでケアをする場合には頭皮に付かないようにして注意して、ぬるま湯で十分に洗い流して下さい。