薄毛対策には原因と対策を知ることから始めましょう!

髪のボリュームは年を重ねるにつれて減っていきます。
鏡で自分の髪を見て溜息をつきたくなる方も多いと思います。

これ以上は薄毛を進行させたくない方も多いはずです。
そこで、何かしらの薄毛対策が必要になります。

薄毛対策を行う前に、まずは薄毛の原因を知る必要があります。

薄毛の主な原因として上げられるのは、「遺伝的なモノ」「毎日の髪の手入れ」「生活習慣」の3つです。

人によって何が原因かは異なりますが、「毎日の髪の手入れ」と「生活習慣」は確実に見直すことが大切です。

髪の手入れと言うと育毛剤をイメージしますが、まずは、毎日使っているシャンプーやリンスを見直してみることも重要です。

まずシャンプーですが、最初に成分を確認してみましょう。
合成の界面活性剤が使用されている場合には、泡立ちが良くなりますが、皮脂を全て洗い流してしまいます。
また、髪を作る毛母細胞にダメージを与えてしまうので、薄毛の原因にもなってしまいます。

合成成分が含まれているシャンプーを避けて、天然素材のアミノ酸を使用しているモノを選ぶようにしましょう!。

リンスは頭皮につかないようにして、しっかりと洗い流すようにして下さい。
リンスが頭皮に残ってしまうと、薄毛の原因になってしまいます。
また、フケやかゆみの原因にもなるので頭皮環境によくありません。

髪の毛を整える場合ですが、いつも同じ形に縛っていると、同じ個所にダメージが集中してしまうので良くありません。
パーマやカラーリングも髪に大きなダメージを与えるので、控えた方がいいです。

とはいっても、やはりパーマやカラーリングってオシャレの為には大切ですよね。
そんな場合には、出来る限りパーマとパーマの間隔をあけるようにして、回数を減らすことも重要です。

ドライヤーの使い過ぎも良くないです。
ただ、お風呂上りなどに髪が濡れたままも良くないので、低温にしてゆっくりと乾かすようにしましょう。
目安として8割くらい乾いたら、後は自然乾燥でいいです。

整髪剤(スプレー、ジェル、ワックスなど)の使い過ぎも髪へのダメージが大きいです。
付ける量は必要最低限にして、帰宅後は極力早めに洗い流した方がいいです。

生活習慣の乱れも髪には良くないです。
ファストフードや脂っこい料理、インスタント食品ばかりを食べていると、薄毛の原因になってしまいます。
もちろん、過度な飲酒も良くないです。

それと、睡眠も重要です。
夜更かしせずに、決まった時間に寝て・起きることは健康な体作りの基本です。

もし、乱れた生活を送っている方は、この機会に自身の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか!?